出版・編集・デザイン・WEBメディア

開発社Kaihatu-sha

ストローとモールでつくる幾何学オブジェ―100均グッズで学ぶ多面体

新刊

 

「さんすうイベント」で大好評の企画をまとめた初の工作本です。材料は100円ショップで入手できるストローとモールだけです。さまざまな多面体のつくりかたを難易度別に紹介しています。楽しみながら図形や幾何学に強くなる1冊です。

はこの形や、さいころの形のように、いくつかの面でかこまれた立体を「多面体」といいます。

みなさんは、ひごとねんど玉で、はこの形や、さいころの形をつくったことがありますか?

ひごとねんど玉でつくった形には「面」がありませんが、向こう側までよくみえるので、立体の形がよくわかるという利点があります。こうした図形のとらえ方は、立体が複雑になればなるほどさらに威力を発揮します。

この本では、入手しやすい材料(ストローとモール)をつかって30種類以上の多面体の形をつくります。つくり終えるころには、立体図形に関する感覚(空間把握力といいます)が前よりもするどくなっているはずです。

それでは、さっそく多面体をつくってみましょう。

ストローとモールでつくる幾何学オブジェ―100均グッズで学ぶ多面体
日本数学検定協会
B5変形版/96ページ
2018年7月1日発売

Related Articles関連記事はこちら

Feature
開発社のオススメ企画