出版・編集・デザイン・WEBメディア

開発社Kaihatu-sha

やばいウンチのせいぶつ図鑑

新刊

内容紹介

動物園でおなじみの動物から、みんなのすぐ側にいるあの昆虫、遠い世界の生き物まで、じつはこんなウンチをしているなんて!
今までとは一味違った視点から、知的好奇心を刺激する面白いウンチクが山盛り。単なる下ネタには終わらない、生物の神秘に感激必至です!

【目次】
動物のウンチには意味がある!?/習性によるウンチ/繁殖のためのウンチ/体の仕組みによるウンチ/擬態・防衛のためのウンチ/
マーキングのためのウンチ

今泉 忠明 /哺乳類を主とする分類学、生態学を専門とする動物学者。1944年、東京に生まれる。
東京水産大学(現・東京海洋大学)を卒業後、国立科学博物館特別研究生、富士自然動物園協会研究員として哺乳類の調査等を行う。
1973年~1977年、「イリオモテヤマネコの保護のための生態調査」に参加する。
その後、上野動物園で動物解説員を経て、現在、「ねこの博物館」の館長を務める。
『ねこはふしぎ』(イーストプレス)、『ざんねんないきもの事典』(高橋書店)など著書、監修書多数。

やばいウンチのせいぶつ図鑑
世界文化社
A5判 192ページ
2017年12月9日発売

Related Articles関連記事はこちら

Feature
開発社のオススメ企画